【特集 第7回料理レシピ本大賞】

星出さんが滞在している「きぼう」日本実験棟/ISSを見よう 2021/9/15, 9/18

9月15日(水)と9月18日(土)の夕方、関東地方で日本人宇宙飛行士・星出彰彦さんが滞在している「きぼう」/ISS(国際宇宙ステーション)を目視観測できます。

9月15日(水)は、東北・関東甲信越・東海・近畿地方でも観測できます。
9月18日(土)は、北海道・東北・関東甲信越・東海・北陸・近畿地方でも観測できます。

【東京】
9月15日(水)は19:14頃南西の低い空で見え始め、19:17頃南東のやや高めの空でいちばん高くなり、直後に地球の影に入り見えなくなります。
9月18日(土)は18:29頃西南西の低い空で見え始め、18:32頃北北西の頭のやや高めの空でいちばん高くなり、18:35頃北東の低い空に移動して見えなくなります。

見え方の特徴は、星がスムーズに動いているように見えます。飛行機と違い点滅しません。
見つけ方は、「国際宇宙ステーションをみよう」(ライフパーク倉敷科学センター)を参考にしてください。

次に関東地方で夕方に目視観測できる絶好機会は、10月7日頃です。当ブログでは、東京で最大仰角(地平線から天頂に向かって計った角度)が約45度以上の場合に紹介します。

星出彰彦さんは米東部時間2021年4月23日午前5時49分(日本時間4月23日夕方)米スペースX社の宇宙船「クルードラゴン運用2号機」に搭乗し、同2021年4月24日午前4時10分(日本時間4月24日夕方)にISSに到着しました。星出彰彦さんは2021年10月までISSに滞在します。

#きぼうを見よう - 国際宇宙ステーションが見える予測日時をお知らせ
#きぼうを見よう - 国際宇宙ステーションが見える予測日時をお知らせ
#きぼうを見よう - 国際宇宙ステーションが見える予測日時をお知らせ

レゴ(LEGO) アイデア 国際宇宙ステーション 21321

バンダイ「1/10 ISS船外活動用宇宙服」国際宇宙ステーションで活躍する最小の宇宙船・船外活動用宇宙服を1/10スケール精密プラモデルで再現。

「ポータブル赤道儀で星空写真を撮ろう!」星の動きを追って、満天の星が記録できる|カメラバックや旅行カバンに入れて持ち歩ける小さな赤道儀>。デジタル一眼レフカメラを載せて、星座写真はもちろん、望遠レンズを使えば、大望遠鏡で撮ったような星雲・星団まで短時間でかんたんに撮ることができます。

「双眼鏡で星空ウォッチング第3版」双眼鏡で見られる特徴的な天体や星座などを最新の写真と図で解説。実際にフィールドに出て星空観察が楽しめるよう現地で役立つ情報。双眼鏡の使い方をはじめ、著者がおすすめする最新機種の紹介など選び方もやさしく詳しく解説