「金星と木星の接近」2022/5/1

5月1日(日)の明け方、金星と木星が見かけ上近づき接近して見えます。

金星の等級はマイナス4.1等です。
木星の等級はマイナス2.1等です。
金星と木星の最接近は5月1日(日)5時56分ですがこの時間は肉眼で観測できません。

【東京】見頃は4時頃、東の低い空です。引用画像は、4月27日(水)~5月4日(水)の東京での4時頃の予想図です。

金星と木星の接近(2022年5月) | 国立天文台(NAOJ)
金星と木星の接近(2022年5月) | 国立天文台(NAOJ)
5月は夜明け前の東の低空に、金星と木星が見えています。4月下旬から5月上旬にかけて、この2惑星が近づき、離れていく様子を観察することができます。

恒星社厚生閣「木星・土星ガイドブック」太陽系の巨大ガス惑星である木星と土星の魅力を余すことなく紹介。オールカラー・図表200点超掲載。

誠文堂新光社「天文ガイド 2022年6月号」2022/6/2|手軽なシステムで迫力の天体像を観る「自宅ではじめる電視観望」、天体観望が変わる!?「デジタル望遠鏡 eVscope 2」、5月27日「昼間の金星食」、コニカミノルタ「プラネタリアYOKOHAMA」オープン、

KADOKAWA「月刊星ナビ 2022年6月号」2022/6/2|世紀の天球イノベーション「IAU 星座制定100周年」、楽しい電視観望「観望会を変えるeVscope」、Deepな天体写真「市街地で星雲撮影7」輝点ノイズをダーク補正で駆逐する、星空案内人で小説家「穂高明」インタビュー

「世界で一番美しい深宇宙図鑑:太陽系から宇宙の果てまで」500枚以上の圧倒的に美しい写真と想像図。