「月が土星、火星、木星、金星に接近」2022/5/22, 5/25, 5/27

5月22日(日)、5月25日(水)、5月27日(金)の明け方、下弦前後の月が土星、火星、木星、金星に見かけ上近づき接近して見えます。

月の月齢は20.9~25.9です。
土星の等級は0.7等です。月と土星の最接近は5月22日(日)16時26分ですがこの時間は観測できません。
火星の等級は0.6等です。月と火星の最接近は5月25日(水)9時21分ですがこの時間は肉眼で観測できません。
木星の等級はマイナス2.2等です。月と木星の最接近は5月25日(水)13時40分ですがこの時間は肉眼では観測できません。
金星の等級はマイナス4.0等です。月と金星の最接近は5月27日(金)13時51分ですがこの時間は肉眼で観測できません。

引用画像の予想図にある通り、この時期は4つ惑星が並んで見えます。

【東京】見頃は3時30分頃、南東~東の低い空です。引用画像は、5月22日~5月27日の東京での3時30分頃の予想図です。

月が土星、火星、木星、金星に接近(2022年5月) | 国立天文台(NAOJ)
月が土星、火星、木星、金星に接近(2022年5月) | 国立天文台(NAOJ)
日の出前の南東から東にかけての空にはたくさんの惑星が見えています。5月22日から27日にかけて、これらの惑星の近くを月が通りすぎていく様子を観察できます。

誠文堂新光社「天文ガイド 2022年6月号」2022/6/2|手軽なシステムで迫力の天体像を観る「自宅ではじめる電視観望」、天体観望が変わる!?「デジタル望遠鏡 eVscope 2」、5月27日「昼間の金星食」、コニカミノルタ「プラネタリアYOKOHAMA」オープン、

KADOKAWA「月刊星ナビ 2022年6月号」2022/6/2|世紀の天球イノベーション「IAU 星座制定100周年」、楽しい電視観望「観望会を変えるeVscope」、Deepな天体写真「市街地で星雲撮影7」輝点ノイズをダーク補正で駆逐する、星空案内人で小説家「穂高明」インタビュー

組立式天体望遠鏡「天体望遠鏡ウルトラムーン」学研プラス|明るく見やすいレンズで、月のクレーターまでくっきり見える天体望遠鏡キット。宇宙への興味を育むガイドブックつきで、初めての望遠鏡に最適。ガイドブック監修は渡部潤一(国立天文台)。【ご注意】キットに三脚は含まれません。

天体望遠鏡 子供や初心者用 150倍 70mm大口径 軽量伸縮式三脚付110cm ワイヤーシャッター、スマホホルダー付き