「月が火星に接近」2022/9/16, 9/17

9月16日(金)と9月17日(土)の夜、下弦前の月が火星に見かけ上近づき接近して見えます。

月の月齢は19.8~20.8です。
火星の等級はマイナス0.4等です。
月と火星の最接近は9月17日(土)12時1分ですがこの時間は観測できません。

【東京】
見頃は23時~25時頃、東の低い空ですが、当日は月の出時間の22時頃から明け方まで、観察できます。
引用画像は、9月16日~9月17日の東京での23時~25時頃の予想図です。

月が火星に接近(2022年9月) | 国立天文台(NAOJ)
月が火星に接近(2022年9月) | 国立天文台(NAOJ)
9月中旬、真夜中の東の空には2022年12月に地球最接近となる火星が見えています。火星の少し右側には、オレンジ色に輝くおうし座の1等星アルデバランがあります。アルデバランは火星よりもやや暗いものの、赤っぽい2つの星が並んで輝く様子は目を引くことでしょう。

日経ナショナルジオグラフィック社「マーズ 火星移住計画」現実味を帯びてきた火星有人探査・移住プロジェクトの全容を美しい写真・イラストとともに解説。

河出書房新社「火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて」生命はあるのか?人類は住めるのか?―洪水や溶岩の跡、氷、砂嵐…。キュリオシティから送られる豊富な画像をはじめ、これまでと今後の探査をすべて解説し、その魅力を徹底紹介!

誠文堂新光社「天文ガイド 2022年10月号」2022/9/5|【特集】好シーイング環境下に建てる「惑星観測家の天文台建設計画」、衝を迎えた土星・見ごろとなる木星、シグマ20mm F1.4 DG DN Art、電視観望の技術とFAQ、開眼!ジェイムズ・ウェッブ望遠鏡

KADOKAWA「月刊星ナビ 2022年10月号」2022/9/5|秋空に輝く魅惑のM31「ときめくアンドロメダ銀河」、10月6日 大気を持つ衛星を観測「トリトンによる恒星食」、9月25日 細い月の弦の水平反転「夜明けの受け月」、Deepな天体写真 市街地で星雲撮影「必殺技で色ズレを撃退」