「水星が西方最大離角」2023/1/30

1月30日(月)14時54分、水星が太陽から最も離れる「西方最大離角」になります。
最大離角前後の水星の高度は高くなり、観察しやすくなります。

1月18日(水)~2月5日(日)の明け方、水星を目視観察できます。
最大離角の頃の水星の高度は10度を超え、等級は0.5~マイナス0.1等です。

【東京】
見頃は日の出の30分前、6時8分~6時19分頃、南東の方向の低い空です。
引用画像は、水星の目視観察に適した1月18日~2月5日の東京での日の出30分前頃の予想図です。

水星が西方最大離角(2023年1月) | 国立天文台(NAOJ)
水星が西方最大離角(2023年1月) | 国立天文台(NAOJ)
1月30日に水星は西方最大離角を迎え、日の出前の南東の低空で見つけやすくなります。

天体望遠鏡 セット 高倍率 15倍-225倍 50mm 4段三脚スタンド付 ガイドブック付属 コンパクト設計

https://www.amazon.co.jp/dp/4057507264/

組立式天体望遠鏡「天体望遠鏡ウルトラムーン」学研プラス|明るく見やすいレンズで、月のクレーターまでくっきり見える天体望遠鏡キット。宇宙への興味を育むガイドブックつきで、初めての望遠鏡に最適。ガイドブック監修は渡部潤一(国立天文台)。【ご注意】キットに三脚は含まれません。

誠文堂新光社「天文年鑑2023年版」 2022/11/24|天文ファンが毎年安心して手に取れる、天文現象を観測するための予報データブックです。12カ月の毎月の星空、日食や月食、各惑星の動き、彗星の予報、流星の予報など、2023年に起こる天文現象について数値データや図版をもとに解説します。

KADOKAWA「ASTROGUIDE 星空年鑑2023」2022/11/11|2023年注目現象の見どころや、毎月の星空の様子を先取りできます。スマホアプリ「星空ナビ」との連動でさらに便利に楽しめます。特集記事では「みせる星空」をテーマに、観望会で星空を「見せる」、星空を美しく撮影して「魅せる」という楽しみ方を提案します。