若田光一さんが滞在している「きぼう」日本実験棟/ISSを見よう 2023/1/17

1月19日(木)の夕方、関東地方で日本人宇宙飛行士・若田光一さんが滞在している「きぼう」/ISS(国際宇宙ステーション)を目視観察できます。
東北~九州地方の広い範囲でも観察しやすい条件です。

【東京】
18:0頃南西の低い空で見え始め、18:3頃北西の高めの空でいちばん高くなり、18:5頃北東の低い空に移動して見えなくなります。

見え方の特徴は、星がスムーズに動いているように見えます。飛行機と違い点滅しません。
見つけ方は、「国際宇宙ステーションをみよう」(ライフパーク倉敷科学センター)を参考にしてください。
次に関東地方で夕方に目視観察できる絶好機会は、2月3日頃です。
当ブログでは、東京で最大仰角(地平線から天頂に向かって計った角度)が約45度以上の場合に紹介します。

若田光一さんは、米東部時間2022年10月6日午後5時(日本時間10月7日午前6時)にISSに到着しました。
若田光一さんは、2023年4月までISSに滞在します。

#きぼうを見よう - 国際宇宙ステーションが見える予測日時をお知らせ
#きぼうを見よう - 国際宇宙ステーションが見える予測日時をお知らせ

レゴ(LEGO) アイデア 国際宇宙ステーション 21321

バンダイ「1/10 ISS船外活動用宇宙服」国際宇宙ステーションで活躍する最小の宇宙船・船外活動用宇宙服を1/10スケール精密プラモデルで再現。

KADOKAWA「月刊星ナビ 2023年2月号」2023/1/5|【表紙画像】今回の表紙は星沼会・丹羽雅彦さん撮影の「いっせいに同じ夜空に向かう鏡筒たち」。【特集】秋空にマニアが集う「八ヶ岳 星と自然のフェスタ in こうみ」、みんなで合作!天体写真、星ナビギャラリー 2022年11月8日 皆既月食

誠文堂新光社「天文ガイド 2023年2月号」2023/1/5|【特集】南極老人星カノープスを見よう、見たい!取りたい!「3月24日金星食、4月20日金環皆既日食情報」、ふたご座流星群2022速報、等