二十四節気「小寒」2023/1/6

1月6日(金)は、1年を24等分した季節の節目「二十四節気」(にじゅうしせっき)の「小寒」(しょうかん)です。

冬至より一陽起るが故に陰気に逆らう故益々冷る也、「寒の入りで寒気がましてくる」の意味です。

この日から節分までの30日間を「寒の内」といいます。そして、寒が明けた翌日が「立春」です。

【二十四節気】2023年の「小寒」の読み方や意味は?何をする? | イエモネ
【二十四節気】2023年の「小寒」の読み方や意味は?何をする? | イエモネ
「小寒(しょうかん)」は、季節の指標である「二十四節気」の23番目の節気。「寒さが厳しくなる時期」という意味で、2023年は1月6日(金)〜1月19日(木)です。小寒の初日

江口寿史美人画集「彼女」2021/3/10|江口寿史が、デビュー時より描き続けてきた「女性たち」を収録したイラスト集が登場!

「リアルワインガイド 80号」2022/12/15|巻頭特集は「2022年旨安ワイン 3,000円以下の本当においしいワイン」。テイスティングレヴュー「2020年ヴィンテージ ブルゴーニュ」等。

絵で楽しむ日本人として知っておきたい二十四節気と七十二候|水野久美、森松輝夫|KADOKAWA| 2020/2/21 |令和の新時代、美しいイラストと浮世絵で日本の「旧暦」の世界を味わう!令和の新時代、日々の生活をどう豊かにすごしていくべきか、人と自然、そして旧暦の関わり合い方のヒントをオールカラーでつづる一冊。

二十四節気のお味噌汁|山田奈美|WAVE出版|2020/10/17|免疫力をアップしたい今こそ、味噌汁は毎日とりたい「飲む薬」。味噌汁を通して、二十四節気という季節、食、養生がわかるレシピ本です。