「しぶんぎ座流星群が極大」2023/1/4、観測条件は不良、見頃1/3の未明~明け方

1月4日(水)12時頃、三大流星群の「しぶんぎ座流星群」が「極大」します。

今年は、満月直前で未明過ぎまで月明かりの影響があり、観測条件は不良です。
出現数は1時間に25個程度です。

【東京】
見頃は1月3日(火)4時過ぎ~6時です。放射点は、北東の方向です。引用画像は、1月4日の東京での3時頃の予想図です。

しぶんぎ座流星群が極大(2023年1月) | 国立天文台(NAOJ)
しぶんぎ座流星群が極大(2023年1月) | 国立天文台(NAOJ)
今年のしぶんぎ座流星群の極大は、1月4日12時頃と予想されています。

KADOKAWA「ASTROGUIDE 星空年鑑2023」2022/11/11|2023年注目現象の見どころや、毎月の星空の様子を先取りできます。スマホアプリ「星空ナビ」との連動でさらに便利に楽しめます。特集記事では「みせる星空」をテーマに、観望会で星空を「見せる」、星空を美しく撮影して「魅せる」という楽しみ方を提案します。

誠文堂新光社「天文年鑑2023年版」 2022/11/24|天文ファンが毎年安心して手に取れる、天文現象を観測するための予報データブックです。12カ月の毎月の星空、日食や月食、各惑星の動き、彗星の予報、流星の予報など、2023年に起こる天文現象について数値データや図版をもとに解説します。

技術評論社「天体観測手帳2023」2022/9/14|超ビジュアル天文手帳!毎月&毎週の星空イラストと天文イベントを非常に美しいカラーイラストと写真で楽しめる、いままでにない「天体観測」のための手帳です。もちろん2023年の天文データも満載です。カレンダーは2年、月間、週間を用意。手帳としてもしっかり活躍します。

地人書館「天文手帳2023年版」2022/11/16|「毎月の星空」には、毎月15日の星空、日の出入り、天文薄明、月の出入りなど「暗夜」の時間帯がわかる図を表示。その月の天文現象からのピックアップ解説、ガリレオ衛星の動きや、月ごとのカレンダーも掲載した。週単位の「天文カレンダー」には、毎日の月齢、日の出入り時刻、月の出入り時刻などに加え、その日に起こる主な天文現象を表示。