スーパームーン「皆既月食」2021/5/26

5月26日(水)の夕方~夜のはじめ頃、日本全国で「皆既月食」が観測できます。

【東京】18時44分~21時529分。皆既食は20時9分~20時28分。食の最大は20時18分です。月食の間に、東南東の方向から昇り始め、南南東の方向にゆっくり移動します。

また、当日の月は2021年で地球に最も近い満月で、今年最大の満月・スーパームーンになります。この日の月と地球の距離は、約35万7,000キロメートルです。対して今年地球に最も遠い満月・最小の満月は、12月19日(日)です。

次回の皆既月食は2022年11月8日です。
次回の部分月食は2021年11月19日です。

皆既月食(2021年5月) | 国立天文台(NAOJ)
皆既月食(2021年5月) | 国立天文台(NAOJ)
5月26日の夜、皆既月食が起こります。この月食は、日本全国で観察することができますが、北海道西部、東北地方西部、中部地方西部、西日本では欠けた状態の月が昇ってくる「月出帯食」となります。

月刊星ナビ 2021年6月号|赤いスーパームーン「5月26日は皆既月食」、もうひとつの「はやぶさ」ミッション、等

天文ガイド 2021年6月号|特集「知る・見る・撮る!5月26日スーパームーンの皆既月食」、皆既月食をスマホで撮るには?、月のある絶景、等

三才ブックス「世界でいちばん素敵な月の教室」地球にいちばん近い星のこと、どれだけ知っていますか?お月さまが身近になる。「月はいつからあるの?」「月食ってなに?」「月に住める?」

組立式天体望遠鏡「天体望遠鏡ウルトラムーン」学研プラス|明るく見やすいレンズで、月のクレーターまでくっきり見える天体望遠鏡キット。宇宙への興味を育むガイドブックつきで、初めての望遠鏡に最適。ガイドブック監修は渡部潤一(国立天文台)。【ご注意】キットに三脚は含まれません。