「しぶんぎ座流星群が極大」2022/1/4、観測条件は良好、見頃は未明~明け方

1月4日(火)6時頃、三大流星群の「しぶんぎ座流星群」が「極大」します。

今年は、新月直後で18時過ぎには月が沈み月明かりの影響がなく、観測条件は良好です。

出現数は1時間に20個程度です。

【東京】見頃は1月4日(火)1時過ぎ~6時です。放射点は、北東の方向です。引用画像は、1月4日の東京での3時頃の予想図です。

しぶんぎ座流星群が極大(2022年1月) | 国立天文台(NAOJ)
しぶんぎ座流星群が極大(2022年1月) | 国立天文台(NAOJ)
今年のしぶんぎ座流星群の極大は、1月4日5時から6時頃と予想されています。1月3日が新月で、月明かりの影響を全く受けずに観察ができます。近年まれに見る絶好の観察条件と言えるでしょう。

「月刊星ナビ 2022年1月号」2021/12/3|月食や流星群など2022年の星空イベントを概観し、天文現象や天文学、天文機材の新製品など2021年の天文界を振り返ります。付録の「星空ハンドブック2022」は1年分の天文データを知ることができます。

「天文ガイド 2022年1月号」2021/12/3|2022年注目の天文現象、11月19日 きわめて皆既に近い部分月食、【特大号】特別付録:2022アストロカレンダー 特大号特別付録は好評のミニカレンダー。今年は津村光則さんによる各季節に見られる星雲・星団の写真で構成。2022年に見られる天文現象も月ごとに紹介。観測計画にも使えるカレンダーです。

KADOKAWA「ASTROGUIDE 星空年鑑2022」2021/11/29|2022年に起こる天文現象を、星図や写真を多用してわかりやすく解説。皆既月食、流星群、惑星の集合など2022年の星空の見どころを、カラー星図や写真を多用してわかりやすく解説。DVD収録のソフトで天文現象を再現したり、プラネタリウム番組を楽しんだりすることもできる。

誠文堂新光社「天文年鑑2022年版」 2021/11/22|12カ月の毎月の星空、日食や月食、各惑星の動き、彗星、流星群などの各天文現象についての予報など、2022年に起こる天文現象について数値データや図版をもとに解説します。さらには、2020年夏~2021年夏にかけての天体観測の観測結果を掲載します。