24年ぶりに夜間に観測できる「火星食」2022/7/21~7/22

7月22日(金)の夜遅く~7月23日(土)の未明、関東から中国にかけての大部分と四国の大部分で、下弦過ぎの月に火星が隠れる「火星食」が観察できます。
夜間に観察できる火星食は24年ぶりです。

月の月齢は22.5です。
火星の等級は0.3等です。

【東京】
東の方向の低い空で、火星の潜入・出現時間は23時36分~翌23日0時16分です。
引用画像は、7月21日(木)~7月22日(金)のの札幌、仙台、東京、名古屋、京都、広島での火星食の様子です。

火星食(2022年7月) | 国立天文台(NAOJ)
火星食(2022年7月) | 国立天文台(NAOJ)
2022年7月21日の深夜、東の低空で、昇ってくる月が火星を隠す現象「火星食」が起こります。

日経ナショナルジオグラフィック社「マーズ 火星移住計画」現実味を帯びてきた火星有人探査・移住プロジェクトの全容を美しい写真・イラストとともに解説。

河出書房新社「火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて」生命はあるのか?人類は住めるのか?―洪水や溶岩の跡、氷、砂嵐…。キュリオシティから送られる豊富な画像をはじめ、これまでと今後の探査をすべて解説し、その魅力を徹底紹介!

誠文堂新光社「天文ガイド 2022年8月号 特大号」2022/7/5|【特別付録】高品質画像による月面マップポスター、突発出現の予測結果はいかに?「ヘルクレス座τ流星群観測レポート」、サンプル試料の最初の分析結果を発表「小惑星リュウグウの化学組成と成り立ち」、7月21日深夜「夜間に見られる火星食が起こる!」

KADOKAWA「月刊星ナビ 2022年8月号」2022/7/5|綴じ込み特別付録「スマホで楽しさ2倍!夏の星空2022」、この夏は星景写真を始めましょう「星景写真【超】入門」『君は放課後インソムニア』コラボ企画、新連載 黒田有彩のアストロノート「本気で宇宙飛行士!」