「土星が衝」2022/8/15

8月15日(月)12時33分、土星が太陽と正反対の場所に位置する「衝」(しょう)になり、太陽-地球-土星が真直ぐに並びます。衝の前後の惑星は、満月と同様に日の入り頃に東の空から昇り、日の出頃に西の空に沈むので、毎日夜の始め頃~未明に観測できます。

この時期の土星の明るさは0等です。
土星の会合周期は378.1日で、去年の衝は8月2日でした。

【東京】
見頃は23時頃、南南東の低い空です。当日は19時過ぎから明け方まで観察できます。
引用画像は、8月11日~8月13日の東京での23時頃の予想図です。

土星が見頃、月が土星に接近(2022年8月) | 国立天文台(NAOJ)
土星が見頃、月が土星に接近(2022年8月) | 国立天文台(NAOJ)
土星が、8月15日に「衝」となり、観望の好機を迎えます。また、土星が衝を迎える前の8月11日から12日にかけて、月が土星に接近して見られます。

恒星社厚生閣「木星・土星ガイドブック」太陽系の巨大ガス惑星である木星と土星の魅力を余すことなく紹介。オールカラー・図表200点超掲載。

ニュートン別冊「最新 宇宙大図鑑220」2021/5/17|「星雲」「系外惑星」「ブラックホール」「ビッグバン宇宙」など多数の宇宙キーワード。本書では「宇宙探求の歴史」「星(恒星)の一生」「太陽系と星座」「銀河」「宇宙観測の最前線」という5つのテーマを取り上げ一つ一つ丁寧に紹介します。

Newton別冊「138億年の大宇宙 改訂第2版」宇宙の天体と歴史がすべてわかる!太陽系の生命探査に迫る。宇宙の絶景をめぐる。宇宙の誕生と未来の謎。宇宙の研究最前線。

「マーカス・チャウンの太陽系図鑑」400点を超える写真を用い「太陽」から「オールトの雲」まで、太陽系のすべてを詳細に解説。