「月が土星に接近」2022/11/2

11月2日(水)の夜、上弦過ぎの月が土星と見かけ上近づき接近して見えます。

月の月齢は8.0です。
土星の等級は0.7等です。
月と土星の最接近は11月2日(水)7時26分ですが、この時間は観察できません。

【東京】見頃は20時頃、南南西の低い空です。当日は日没時間の17時過ぎから月没時間の深夜0時過ぎまで観察できます。引用画像は、11月1日~11月6日の東京での20時頃の予想図です。

月が土星と木星に接近(2022年11月) | 国立天文台(NAOJ)
月が土星と木星に接近(2022年11月) | 国立天文台(NAOJ)
11月の初旬には、離れて並ぶ土星と木星の近くを月が通り過ぎていきます。1日に上弦の月が土星に近づき、一日ごとに満ちながら東へと移動して、5日には木星の東まで通り抜けます。

綴じ込み付録「星空カレンダー2023」、12月1日火星が地球に最接近、等

火星の表面模様の観測好期「12月1日火星が地球に最接近」、プラネタリウム誕生から100年、サイトロンジャパン天体写真コンテスト2022入賞作品発表、米子高専科学部がタイーコイズフリンジをとらえた!、等

天体望遠鏡 子供や初心者用 150倍 70mm大口径 軽量伸縮式三脚付110cm ワイヤーシャッター、スマホホルダー付き

組立式天体望遠鏡「天体望遠鏡ウルトラムーン」学研プラス|明るく見やすいレンズで、月のクレーターまでくっきり見える天体望遠鏡キット。宇宙への興味を育むガイドブックつきで、初めての望遠鏡に最適。ガイドブック監修は渡部潤一(国立天文台)。【ご注意】キットに三脚は含まれません。