日本全国で「部分月食」2022/11/8

11月8日(火)の夜のはじめ頃、日本全国で「皆既月食」を観察できます。

【東京】
部分食は18時9分~21時49分。皆既食は19時16分~20時42分。食の最大は19時59分です。
月食の間に、東の方向から昇り始め、東南東の方向にゆっくり移動します。

次回の皆既月食は2025年3月14日です。次回の部分月食は2023年10月29日です。

皆既月食・天王星食(2022年11月) | 国立天文台(NAOJ)
皆既月食・天王星食(2022年11月) | 国立天文台(NAOJ)
2022年11月8日の夜、皆既月食が起こります。この月食は、日本全国で観察することができます。月食の最中に、小笠原諸島を除く日本のほとんどの場所で月が天王星を隠す「天王星食」が起こります。

誠文堂新光社「新版 月と暮らす。: 月を知り、月のリズムで」美しい月、月の居る風景写真とともに、月の満ち欠けと人との関わりを紐解きます。暦、潮汐、バイオリズムなど、月の動きは人間の生活と深い関連があり、「月」のその不思議な魅力は多くの人々の好奇心をそそります。

三才ブックス「世界でいちばん素敵な月の教室」地球にいちばん近い星のこと、どれだけ知っていますか?お月さまが身近になる。「月はいつからあるの?」「月食ってなに?」「月に住める?」

火星の表面模様の観測好期「12月1日火星が地球に最接近」、プラネタリウム誕生から100年、サイトロンジャパン天体写真コンテスト2022入賞作品発表、米子高専科学部がタイーコイズフリンジをとらえた!、等

綴じ込み付録「星空カレンダー2023」、12月1日火星が地球に最接近、等