三大流星群「ふたご座流星群が極大」2019/12/15 見頃は12月14日22時~15日5時

12月15日(日)4時頃、三大流星群のひとつ「ふたご座流星群」が極大します。

見頃は12月14日(土)22時~12月15日(日)5時です。
今年は、満月過ぎの明るい月が一晩中でているので、観測条件は不良です。
出現数は1時間に45個程度です。

【東京】放射点は、22時は東の方向で、0時は南東の方向、2時は南の方向、4時は南南西の方向に移動します。 一晩中、放射点の方角に月があります。

ふたご座流星群が極大(2019年12月) | 国立天文台(NAOJ)
ふたご座流星群が極大(2019年12月) | 国立天文台(NAOJ)
2019年のふたご座流星群の活動は、12月15日4時頃に極大となると予想されています。今年は、下弦前の明るい月が一晩中空を照らしているため、観察の条件は良くありません。