暖候期予報「【6月~7月】梅雨は平年並み【8月】厳しい暑さ」2020/6~8

2月25日(火)、気象庁が6月~8月の暖候期予報を発表しました。これを日本気象協会のtenki.jpが、ビジュアル化して傾向を解説してます。

これによると、エルニーニョ現象とラニーニャ現象のどちらも発生していませんが、高温傾向が続きます。
太平洋高気圧の張り出しは、夏前半は日本の南で西に張り出し、夏後半は本州付近に張り出します。
梅雨前線の北上具合は平年程度です。

  • 【梅雨時期】関東地方の降水量は平年並みか多く、蒸し暑くなります。
  • 【盛夏時期】関東地方は、強い日差しが照り付け、厳しい暑さの日が多くなります。気温は平年並みか高くなります。

2020年の夏 記録的暖冬のあとは猛暑? 冷夏?(日直予報士 2020年02月25日) - 日本気象協会 tenki.jp
2020年の夏 記録的暖冬のあとは猛暑? 冷夏?(日直予報士 2020年02月25日) - 日本気象協会 tenki.jp
今年の夏(6月~8月)の気温は全国的に平年並みか高い予想。梅雨時は蒸し暑く、盛夏は強い日差しが照り付け、厳しい暑さの日が多いでしょう。25日発表の暖候期予報をもとに、今年の夏の天候の特徴についてまとめました。