「金星が最大光度」明けの明星 2020/7/10

7月10日(金)21時01分、明けの明星こと「金星が最大光度」になります。

この頃の金星の等級はマイナス4.5等です。
肉眼では丸く見えますが、望遠鏡を使用すると三日月のように欠けている様子が観測できます。

【東京】この時期の見頃は、4時30分頃、東の方向です。

金星が最大光度(2020年7月) | 国立天文台(NAOJ)
金星が最大光度(2020年7月) | 国立天文台(NAOJ)
金星の明るさは7月10日に最大となり、マイナス4.5等に達します。