「木星が衝」2020/7/14

7月14日(火)18時10分、木星が太陽から180度離れる「衝」(しょう)になり、太陽-地球-木星が真直ぐに並びます。

衝の頃の木星は、19時過ぎに東南東の空から昇り、翌15日4時過ぎに西南西の空に沈むので毎日夜の始め頃~未明に観測できます。

この時期の木星の明るさはマイナス2.8等です。

https://bookmark.j-suffix.com/?p=16207
https://bookmark.j-suffix.com/?p=16207
太陽系最大の惑星である木星が7月14日に「衝」となり、観察の好機を迎えます。さらにその1週間後の21日には土星が衝となります。

エレコム「EDG-TLS001」スマートフォンをセットし、スマホ画面で観察できる光学約35倍のカートン組み立て式天体望遠鏡

AOMEKIE「天体望遠鏡」70mm大口径150倍 初心者と子供向け スマホ撮影アダプター付き

恒星社厚生閣「木星・土星ガイドブック」太陽系の巨大ガス惑星である木星と土星の魅力を余すことなく紹介。オールカラー・図表200点超掲載。

Newton別冊「138億年の大宇宙 改訂第2版」宇宙の天体と歴史がすべてわかる!太陽系の生命探査に迫る。宇宙の絶景をめぐる。宇宙の誕生と未来の謎。宇宙の研究最前線。