「夕方の月の向きに注目」2021/3/15, 3/16, 3/17

3月15日(月)、3月16日(火)、3月17日(水)の月は光っている部分が下側になる、まるで寝ているような姿の細い月を観測できます。

寝ているような細い月は、地平線の下の太陽が月の真下に近い位置にあり、太陽が月の下側を照らす春特有の現象です。

月の向きに注目(2021年3月) | 国立天文台(NAOJ)
月の向きに注目(2021年3月) | 国立天文台(NAOJ)
3月は13日が新月で、その後15日頃から少しずつ太くなっていく月が、西の空に見えるようになります。このときの月の向き(傾き)にぜひご注目ください。光っている部分が下側になり、まるで寝ているような姿の細い月が見られることでしょう

三才ブックス「世界でいちばん素敵な月の教室」地球にいちばん近い星のこと、どれだけ知っていますか?お月さまが身近になる。「月はいつからあるの?」「月食ってなに?」「月に住める?」

誠文堂新光社「月(SKYSCAPE PHOTOBOOK)」表情豊かに変化する美しい月には、誰もが高い関心を持っています。その月の満ち欠けの様子と、美しい月のある風景をまとめた写真集です。

Newton別冊「138億年の大宇宙 改訂第2版」宇宙の天体と歴史がすべてわかる!太陽系の生命探査に迫る。宇宙の絶景をめぐる。宇宙の誕生と未来の謎。宇宙の研究最前線。

セガトイズ「HOMESTAR Classic」(ホームスター クラシック)家庭用プラネタリウム。ギネス認定プラネタリウム・クリエーター 大平貴之氏共同開発。肉眼で見える星数を超えた業務用並の約6万個の投影機能が搭載。