【特集 第7回料理レシピ本大賞】

3か月予報「【6月】梅雨前線の活動が活発【7月】長い梅雨【8月】ゲリラ豪雨とマスク熱中症に注意」2021/6~2021/8

5月25日(火)、気象庁が6月~8月の3か月予報を発表しました。これを日本気象協会のtenki.jpが、ビジュアル化して傾向を解説してます。

これによると、予想される海洋と大気の特徴は、全球で大気全体の温度が高く、太平洋の海面水温は西部熱帯域は高く中部赤道域は低く、積乱雲の発生は多いか平年並みです。これらの影響により、上空の偏西風はほぼ平年の位置を流れ、太平洋高気圧は西への張り出しが強くなります。このため太平洋高気圧の縁辺を回る暖かく湿った空気が入りやすくなり、気温は高温傾向です。

  • 【6月】太平洋高気圧の張り出しは平年より強く、梅雨前線の北上が早めで、前線の活動は活発になります。長雨傾向で前線や湿った空気の影響を受けやすく、平年に比べ曇りや雨の日が多くなります。
  • 【7月】梅雨前線の北上が早い傾向は次第に弱まり、平年よりやや北に位置します。期間の前半は平年と同様に曇りや雨の日が多くなり、期間の後半は平年と同様に晴れの日が多くなります。
  • 【8月】太平洋高気圧は西への張り出しが強い一方、北への張り出しはやや弱くなります。平年と同様に晴れの日が多く、強い日差しが照り付けます。マスク熱中症にご注意ください。今年も急な雨や雷雨が多くなります。ゲリラ雷雨にご注意ください。

今年の梅雨はどんな梅雨? 気になる梅雨明けと真夏の暑さの見通し 3か月予報(日直予報士 2021年05月25日) - 日本気象協会 tenki.jp
今年の梅雨はどんな梅雨? 気になる梅雨明けと真夏の暑さの見通し 3か月予報(日直予報士 2021年05月25日) - 日本気象協会 tenki.jp
今年は、沖縄や奄美、九州から東海にかけて、いずれも平年より早い梅雨入りとなっています。特に、九州から東海にかけては統計開始以来1位、2位になるような異例の早さでの梅雨入り。3か月予報をもとに、気になる関東甲信から東北の梅雨入りに加え、各地の梅雨時期の傾向、梅雨明け、真夏の暑さの見通しをまとめました。

KADOKAWA「空のふしぎがすべてわかる!すごすぎる天気の図鑑」荒木健太郎|映画「天気の子」気象監修がおくる、空前絶後の気象の話!

見上げるたびに 空が楽しくなる。雲研究者が伝える雲との上手な付き合い方。荒木健太郎(あらきけんたろう)著。気象庁気象研究所予報研究部第三研究室研究官。

大雪が降ったり、台風がやってきたり…。日々の天気は、私たちの生活とは切っても切れないことがらです。天気の変化は、どうしておきるのでしょうか?

小沢かな+荒木健太郎「BLUE MOMENT ブルーモーメント Vol.1」集中豪雨、河川氾濫、台風……。命を守るために、出来ることは、やるべきことは……!?知恵と知識で気象災害から命を守れ!気象災害に立ち向かう本格ドラマ!