「立冬」冬型少なく 1か月予報

11月7日(金)は、二十四節気の「立冬」(りっとう)、冬の気立ち初めていよいよ冷ゆれば也、「冬の気配が感じられる」の意味。今日から季節は「冬」です。【関東】台風20号は暴れずに去り、穏やかな天気になりました。

立冬過ぎても 冬型少なく 1か月予報(日直予報士) – 日本気象協会 tenki.jp

7日は立冬。冬型の気圧配置で、札幌は11月上旬ではめったにない寒さ。冬型は続かず、再び気温は高めで寒暖差が激しく。関東以西は晴れる日が少ない見込み。12月初めまでの天気傾向をまとめました。(2014-11-06 16:12:08)