【特集 第7回料理レシピ本大賞】

日本気象協会「2016年春の花粉飛散予測(第1報)」関東は「前年並み」で「やや少ない」

早くも2016年春の「花粉飛散予測」ニュースです。
10月7日(水)、日本気象協会が、「2016年春の花粉飛散予測第1報」を発表しました。
【関東の概況】2015年夏の気候は、気温が高く、日照時間は平年並み、降水量は多いでした。降水量が多かったことから、関東の花粉飛散は【南関東】前年比、やや多い~少ない。例年比、並~少ない。【北関東】前年比、やや多い。例年比、並~やや少ない。
なお、今回の発表は、2015年夏の天候を分析したもので、次回以降の発表には、花芽調査データ等が加味されます。

第1回 2016年春の花粉飛散予測(日直予報士) – 日本気象協会 tenki.jp

日本気象協会は7日、第1回の「2016年春の花粉飛散予測」を発表しました。今年の春の花粉飛散数は西日本を中心に少なく、東北で多くなりました。来年の春の花粉飛散数は、九州から関東甲信にかけて今年の春と同じか上回る見込みです。(2015-10-07 14:51:12)