2015年のビール系飲料出荷量は11年連続減、ビールは19年ぶり微増

1月14日(木)、アサヒビール、キリンビール、サントリービール、サッポロビール、オリオンビールのビール大手5社が、2015年のビール系飲料(ビール、発泡酒、第三のビール)の出荷量を発表しました。
ビール系飲料全体の出荷量は、前年比0.5%減の4億2492万ケース(1ケースは大瓶20本換算)で、11年連続で前年割れとなり、過去最低になりました。内訳は、ビールは19年ぶりに0.1%増、発泡酒は0.3%増(2年連続)、第三のビールは1.7%減(2年連続)でした。
市場は11年連続で縮小しているが、ビールと発泡酒の出荷量は増え、高付加価値なプレミアムビールやクラフトビールが市場を牽引し、安売り戦略の第三のビールが売れなくなった構図です。

15年のビール系飲料出荷量、11年連続減 ビールは19年ぶり増
icon_ogpnikkei[1]ビール大手5社が14日発表した2015年のビール系飲料(ビールと発泡酒、第三のビールの合計)の課税済み出荷量は前年比0.5%減の4億2492万ケース(1ケースは大瓶20本換算)だった。11年連続で前…