2013年11月18日 しし座流星群が極大

11月18日(月)の午前1時頃に、しし座流星群が極大します。満月が一晩中見えているので観測条件はよくありません。東方向です。最大出現数は1時間あたり10個程度です。粘れば、観測できるかも!?

2013年11月18日 しし座流星群が極大

Screenshot of www.astroarts.co.jp

2001年に大出現を見せたしし座流星群が、11月18日1時ごろに活動のピークを迎えると予想されている。テンペル・タットル彗星の通り道を毎年この時期に地球が通過し、そこに残されていたちりが地球の大気にとびこんで、上空100km前後で発光して見える。 今年は満月の夜にあたり、あまり条件がよくない。深夜すぎにしし座が昇ってくる東の空を中心に空を広く眺めながら気長に待ってみよう。空の高いところには木星、しし座の脚のあたりには赤い火星が見える