【特集 2021年このマンガがすごい!】オンナ編 第1位

国立天文台 | ほしぞら情報2014年1月「しぶんぎ座流星群」

1月4日(土)早朝の午前4時30分頃に、しぶんぎ座流星群が極大するので見頃です。放射点は北東の方向です。月明かりがなく観測条件は良好。最大出現数は、1時間に10個以上あり。今年最初の最後の流星群です。それと防寒対策を万全に。

国立天文台 | ほしぞら情報2014年1月「しぶんぎ座流星群」

Screenshot of www.nao.ac.jp

しぶんぎ座流星群※は、8月のペルセウス座流星群、12月のふたご座流星群とともに三大流星群と呼ばれています。毎年安定して多くの流星を見ることができるペルセウス座流星群、ふたご座流星群と比べて、しぶんぎ座流星群は活動期間が数時間と短い上に、流星の数が年によって変化することで知られています。 今年のしぶんぎ座流星群の極大は1月4日夜明け前と予想されています。このため、1月3日深夜から、4日夜明け前にかけての時間帯が観察に適しています。月明かりの影響もなく、良い条件での観察ができるでしょう。