【特集 第7回料理レシピ本大賞】

「水星に注目」ほしぞら情報2014年5月 | 国立天文台(NAOJ)

5月25日(日)~6/1(月)の一週間は、水星の観察条件が今年最良になり、肉眼でも観察できます。日の入り後に西の空を見上げましょう。

「水星に注目」ほしぞら情報2014年5月 | 国立天文台(NAOJ)

Screenshot of www.nao.ac.jp

水星は、5月25日に東方最大離角を迎えます。中旬以降は日の入り直後の西の低空で水星を見つけやすくなり、下旬から6月初めは日の入り直後の高度が15度を超えて観察条件は今年最良になります。西の低空が見渡せる場所で、ぜひ水星を見つけてみましょう。水星より高い位置には木星も見つかります。5月30日から6月1日は、細い月が水星、木星と一緒に夕方の西の空を彩ります。