二十四節気「大雪」2019/12/7

12月7日(土)は、1年を24等分した季節の節目「二十四節気」(にじゅうしせっき)の「大雪」(たいせつ)です。

雪いよいよ降り重ねる折からなれば也、「雪がいよいよ降りつもってくる」の意味です。

2019年12月7日は大雪(たいせつ)です。 | お天気.com
2019年12月7日は大雪(たいせつ)です。 | お天気.com
2019年12月7日は二十四節気の一つ『大雪(たいせつ)』です。 大雪には雪が激しく降り始めるころという意味があります。陽はさらに短くなって寒さが増し、冬が深まっていきます。大雪のころになると冷たい空気からなる大陸の高気圧が優勢となり、西高東低の冬型の気圧配置の日が多く現れるようになります。西高東低の冬型の気圧配置…