二十四節気「啓蟄」2020/3/5

3月5日(木)は、1年を24等分した季節の節目「二十四節気」(にじゅうしせっき)の「啓蟄」(けいちつ)。陽気地中にうごき、ちぢまる虫、穴をひらき出れば也、「冬ごもりしていた地中の虫がはい出てくる」の意味です。

2020年3月5日は啓蟄(けいちつ)です。 | お天気.com
2020年3月5日は啓蟄(けいちつ)です。 | お天気.com
2020年3月5日は二十四節気の一つ『啓蟄(けいちつ)』です。啓蟄とは虫が冬眠から目覚め活動を始める頃という意味です。実際に虫が活動を始めるのは日平均気温が10℃を超えるようになってからで、鹿児島では2月下旬、東京や大阪で3月下旬、札幌は5月上旬頃に当たります。虫が冬眠から目覚めるとそれを補食する小動物も冬眠から目覚め…