【特集 2021年このマンガがすごい!】オトコ編 第5位

3か月予報「【5月】初夏の陽気【6月】降水量多い【7月】梅雨明け早い」2021/5~2021/7

4月23日(金)、気象庁が5月~7月の3か月予報を発表しました。これを日本気象協会のtenki.jpが、ビジュアル化して傾向を解説してます。

これによると、予想される海洋と大気の特徴は、全球で大気全体の温度が高く、太平洋の海面水温は西部熱帯域では高く積乱雲の発生が多くなります。これらの影響により、上空の偏西風は平年より北を流れます。
また、太平洋高気圧の日本の南への張り出しは、平年より強くなります。
このため全国的に暖かい空気に覆われやすくなり、南から湿った空気が入りやすくなり、気温は高温傾向です。

  • 【5月】新緑の季節らしく、すがすがしい陽気の日が多くなり、周期的に天気が変化します。降水量は、全国的にほぼ平年並みです。
  • 【6月】梅雨前線の北上は早めで、活動が活発になりやすく長雨傾向で、平年に比べ曇りや雨の日が多くなります。
  • 【7月】梅雨前線の北上が早く、平年より早く梅雨が明ける模様です。

梅雨入りどうなる? 今年の梅雨の特徴 3か月予報(日直予報士 2021年04月23日) - 日本気象協会 tenki.jp
梅雨入りどうなる? 今年の梅雨の特徴 3か月予報(日直予報士 2021年04月23日) - 日本気象協会 tenki.jp
平年では、ゴールデンウィークが明ける頃、沖縄や奄美が梅雨入りし、6月から7月は、本州付近に梅雨前線が停滞します。今年は梅雨前線の北上が早めで、活動が活発になる見込みです。

KADOKAWA「空のふしぎがすべてわかる!すごすぎる天気の図鑑」荒木健太郎|映画「天気の子」気象監修がおくる、空前絶後の気象の話!

見上げるたびに 空が楽しくなる。雲研究者が伝える雲との上手な付き合い方。荒木健太郎(あらきけんたろう)著。気象庁気象研究所予報研究部第三研究室研究官。

もくもく、きらきら、どよどよ。空で出会った不思議なあの子、知れば知るほど好きになる。豊富な写真と理論から雲の実態に迫っていく、雲研究者の雲愛が溢れるラブレター。荒木健太郎(あらきけんたろう)著。気象庁気象研究所予報研究部第三研究室研究官。

大雪が降ったり、台風がやってきたり…。日々の天気は、私たちの生活とは切っても切れないことがらです。天気の変化は、どうしておきるのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください