【特集 2021年このマンガがすごい!】オンナ編 第4位

「月が金星に接近」2021/6/12

6月12日(土)の夜の初め頃、三日月が宵の明星「金星」に見かけ上近づき接近して見えます。

月と金星は午後8時過ぎに沈みます。
月の月齢は2.0です。
金星の等級はマイナス3.9等です。
月と金星の最接近6月12日(土)17時42分です。

【東京】見頃は午後7時27分頃、西北西の低い空です。引用画像は、6月12日の東京での午後7時27分頃の予想図です。

月が金星に接近(2021年6月) | 国立天文台(NAOJ)
月が金星に接近(2021年6月) | 国立天文台(NAOJ)
6月になって、夕方の西の空に金星が姿を現すようになりました。ただ、金星の高度はまだたいへん低く、日の入りから1時間半もすると太陽を追って沈んでしまいます。空がまだ明るいうちに観察するとよいでしょう

月刊星ナビ 2021年7月号|特集は天文趣味を仕事にした「趣味全開のガレージメーカー訪問」SS-one、ビノテクノ、K-ASTEC。「パラボラ星景」では宇宙とつながる巨大装置と星空を撮るロマンを紹介します。

天文ガイド 2021年7月号|特集「星空VRをはじめよう!」リアルな星空のような臨場感、「皆既月食写真の画像レタッチ」5月26日の月食写真を仕上げる

「天体望遠鏡」70mm大口径150倍 初心者と子供向け スマホ撮影アダプター付き

組立式天体望遠鏡「天体望遠鏡ウルトラムーン」学研プラス|明るく見やすいレンズで、月のクレーターまでくっきり見える天体望遠鏡キット。宇宙への興味を育むガイドブックつきで、初めての望遠鏡に最適。ガイドブック監修は渡部潤一(国立天文台)。【ご注意】キットに三脚は含まれません。