【特集 マンガ大賞2021】第5位

「金星と火星が接近」2021/7/12, 7/13, 7/14

7月12日(月)、7月13日(火)、7月14日(水)の夕方、金星と火星が見かけ上近づき接近して見えます。

金星の等級はマイナス3.9等です。
火星の等級はマイナス1.6等です。
最接近は7月13日(火)22時36分ですが、この時間は沈んでいて観測できません。
7月12日(月)は月齢1.4の細い月も接近します。

【東京】見頃は午後7時43分頃、西方向の低い空です。この期間、金星と火星は午後8時過ぎに沈みます。引用画像は、7月12日~7月14日の東京での午後19時43分頃の予想図です。

金星と火星が接近(2021年7月) | 国立天文台(NAOJ)
金星と火星が接近(2021年7月) | 国立天文台(NAOJ)
7月12日から14日にかけて、日の入りからしばらくした後の西の低い空で、金星と火星がかなり接近して見られます

特別付録「星空ナビと楽しむ夏空」、特集「8年ぶりの好条件 ペルセウス座流星群」、特集「赤道儀で追尾して比較明合成 流星群の放射点写真を撮る」

【特大号】特別付録・リアルタイム動画でとらえた映像も見られる「星雲・星団・銀河」ポスター付き。特集・5月26日皆既月食画像&レポート

河出書房新社「火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて」生命はあるのか?人類は住めるのか?―洪水や溶岩の跡、氷、砂嵐…。キュリオシティから送られる豊富な画像をはじめ、これまでと今後の探査をすべて解説し、その魅力を徹底紹介!

日経ナショナルジオグラフィック社「マーズ 火星移住計画」現実味を帯びてきた火星有人探査・移住プロジェクトの全容を美しい写真・イラストとともに解説。