【特集 マンガ大賞2021】第10位

3か月予報「【10月】秋の訪れはゆっくり【11月】紅葉進む【12月】寒冬で乾燥」2021/10~2021/12

9月24日(金)、気象庁が10月~12月の3か月予報を発表しました。これを日本気象協会のtenki.jpが、ビジュアル化して傾向を解説しています。

これによると、予想される海洋と大気の特徴は、全球で大気全体の温度が高く、海面水温は太平洋熱帯域西部は高く、太平洋赤道域中部から東部は低くなります。
これらの影響で、上空の偏西風はユーラシア大陸上で平年に比べ北よりを流れ、日本付近では平年からの偏りは小さくなります。

そのため期間の前半は暖かい空気に覆われやすく、高温傾向です。期間の後半は冬型の気圧配置となり寒気の影響を受けます。

関東の傾向は次の通りです。

  • 【10月】晴れる日が多く、高温傾向です。本格的な秋の訪れは遅く、紅葉の進み具合も平年より遅くなります。
  • 【11月】寒気の影響を受け、全国的に初冬らしい寒さになります。ようやく紅葉の色づきが進みます。
  • 【12月】冬型の気圧配置の影響で、平年と同様に晴れの日が多く乾燥します。

10月は季節の進みゆっくり 冬は山陰などで多雪傾向 冬の長期予報(気象予報士 田中 正史 2021年09月24日) - 日本気象協会 tenki.jp
10月は季節の進みゆっくり 冬は山陰などで多雪傾向 冬の長期予報(気象予報士 田中 正史 2021年09月24日) - 日本気象協会 tenki.jp
最新の3か月予報と冬の天候の見通しによりますと、10月は気温が高い傾向で、季節の進みはゆっくりとなりそうです。一方、冬は西日本を中心に寒気の影響を受けやすいため、山陰や近畿北部では平年より雪の量が多くなる見通しで、注意が必要です。

KADOKAWA「空のふしぎがすべてわかる!すごすぎる天気の図鑑」荒木健太郎|映画「天気の子」気象監修がおくる、空前絶後の気象の話!

もくもく、きらきら、どよどよ。空で出会った不思議なあの子、知れば知るほど好きになる。豊富な写真と理論から雲の実態に迫っていく、雲研究者の雲愛が溢れるラブレター。荒木健太郎(あらきけんたろう)著。気象庁気象研究所予報研究部第三研究室研究官。

大雪が降ったり、台風がやってきたり…。日々の天気は、私たちの生活とは切っても切れないことがらです。天気の変化は、どうしておきるのでしょうか?

小沢かな+荒木健太郎「BLUE MOMENT ブルーモーメント Vol.1」集中豪雨、河川氾濫、台風……。命を守るために、出来ることは、やるべきことは……!?知恵と知識で気象災害から命を守れ!気象災害に立ち向かう本格ドラマ!