三大流星群「ペルセウス座流星群が極大」2022/8/13 ※見頃は8月11日~8月13日の深夜

8月13日(土)10時頃、三大流星群「ペルセウス座流星群」が極大します。

見頃は8月11日(木・祝)~8月13日(土)の深夜です。
8月12日(金)が満月のため月明かりがあり、観測条件は不良です。
出現数は1時間に30個程度です。

【東京】
放射点は、北東の方向です。画像は、8月13日3時の予想図です。
因みに気候がいい時期の天体観測には、折りたたみ式ベッドがあると快適です。

ペルセウス座流星群が極大(2022年8月) | 国立天文台(NAOJ)
ペルセウス座流星群が極大(2022年8月) | 国立天文台(NAOJ)
2022年のペルセウス座流星群の活動は8月13日10時頃に極大を迎えると予想されています。

FLAMROSE折り畳み キャンプ レジャー ベンチ チェアーサマーベッド アウトドアベッド 折りたたみ ベッド コット耐荷重120kgグレー ベッド アウトドア 防災 収納 折りたたみ式ベッド

組立式天体望遠鏡「天体望遠鏡ウルトラムーン」学研プラス|明るく見やすいレンズで、月のクレーターまでくっきり見える天体望遠鏡キット。宇宙への興味を育むガイドブックつきで、初めての望遠鏡に最適。ガイドブック監修は渡部潤一(国立天文台)。【ご注意】キットに三脚は含まれません。

誠文堂新光社「天文ガイド 2022年9月号 特大号」2022/8/5|開眼!「ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡」、明け方の空で見られた「惑星集合」、星空を楽しむ&昼間も楽しむ「アストロキャンプ」、スマート望遠鏡Vespera(ヴェスペラ)登場

KADOKAWA「月刊星ナビ 2022年9月号」2022/8/5|【表紙画像】ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡が撮影した、りゅうこつ座の分子雲のエータカリーナ星雲、【特集】世界が驚愕!超解像ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡、OM-1で手持ち星景写真「三脚の束縛からの解放」、究極の赤外線の眼 JWSTが始動!、まんがで読む「南天の星座」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください