【特集 マンガ大賞2021】第9位

国立天文台 | ほしぞら情報2013年12月「宵の明星・金星が最大光度」

明日12月7日(土)に、金星が今年の最大光度(マイナス4.7等)になり、見頃です。

国立天文台 | ほしぞら情報2013年12月「宵の明星・金星が最大光度」

Screenshot of www.nao.ac.jp

日の入り後の南西の空で、宵の明星・金星が目をひく存在となっています。 12月5日、6日の日の入り後には、細い月が金星の近くで輝き、美しい光景となります。金星は12月7日に最大光度となり、12月上旬はマイナス4.7等で輝きます。