【特集 2021年このマンガがすごい!】オトコ編 第5位

関東甲信 にわか雪に注意(日直予報士) – 日本気象協会 tenki.jp

昨日2月19日(水)は、二十四節気の「雨水」(うすい)です。「陽気がよくなり、雪や氷が溶けて水になり、雪が雨に変わる」の意味です。今日は「にわか雪」の予報だけど、大雪の予報は回避。このまま暦通り、暖かくなるかな?

関東甲信 にわか雪に注意(日直予報士) – 日本気象協会 tenki.jp

Screenshot of www.tenki.jp

今日の関東甲信は午前中は晴れますが、午後は雲の多い空模様に。 内陸を中心に雪の降る所があるでしょう。 雪おろしや除雪などの作業は早めに切り上げたほうがよさそうです。 ただ、雪の降り方は弱く、長くは続きません。 先々週、先週のような急発達した南岸低気圧ではなく、関東付近の上空を通る気圧の谷によるもの。 大雪やまとまった雪となることはないでしょう。