3か月予報「【12月~1月】暖冬【2月】平年並み」2019/12~2020/2

11月25日(月)、気象庁が12月~来年2月の3か月予報を発表しました。これを日本気象協会のtenki.jpが、ビジュアル化して傾向を解説してます。

これによると、日本上空の偏西風は平年より北を流れ寒気の南下は弱くなります。また今年は、例年冬季に発達する北大西洋北部のアリューシャン低気圧の影響が弱く、冬型の気圧配置は長続きしません。そのため、高温傾向が続きます。

  • 【12月】寒気の南下が弱く、関東地方は平年より気温が高くなります。
  • 【1月】寒気の南下が弱く、関東地方は平年より気温が高くなります。関東地方は平年同様に「冬晴れ」の日が多くなります。
  • 【2月】ようやく冬将軍が到来し、関東地方の気温は平年並みの寒さになります。

3か月予報 この暖かさは冬も続く見通し(日直予報士 2019年11月25日) - 日本気象協会 tenki.jp
3か月予報 この暖かさは冬も続く見通し(日直予報士 2019年11月25日) - 日本気象協会 tenki.jp
この冬(12~2月)、冬将軍の足並みはゆっくり。寒気の南下が弱く全国的に気温は平年並みか高めと予想されています。1月頃までは、気温が高めの傾向が続くでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください