水星が西方最大離角 2019/11/28

【天文】11月28日(木)19時29分、水星が太陽から最も離れる「西方最大離角」になります。

最大離角の前後の水星の高度は10度を超えて、観測しやすくなります。
西方最大離角の当日だけでなく、前後の11月22日(金)~12月7日(土)は、水星を目視観測できます。

この時期の水星の等級はマイナス0.5~0.2等です。
引用画像は、水星の目視観測に適した11月28日(木)前後の東京での日の出30分前頃の予想図です。

【東京】5時59分頃、東北東の方向の低い位置です。

水星が西方最大離角(2019年11月) | 国立天文台(NAOJ)
水星が西方最大離角(2019年11月) | 国立天文台(NAOJ)
11月下旬の明け方、東の空では水星が見やすくなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください