野口さんが滞在している「きぼう」日本実験棟/ISSを見よう 2021/1/19, 1/20

1月19日(火)と1月20日(水)の夕方、関東地方で日本人宇宙飛行士・野口聡一さんが滞在している「きぼう」/ISS(国際宇宙ステーション)を目視観測できます。

1月19日(火)は、北海道~九州地方の広い範囲でも観測できます。
1月20日(水)は、南東北地方でも観測できます。

【東京】1月19日(火)、18:8頃西南西の低い空で見え始め、18:11頃西北西のやや高め空でいちばん高くなり、18:12頃北北東のやや低い空に移動して見えなくなります。
1月20日(水)は、17:24頃東のやや高めの空で見え始め、17:26頃北東の低い空に移動して見えなくなります。

見え方の特徴は、星がスムーズに動いているように見えます。飛行機と違い点滅しません。見つけ方は、「国際宇宙ステーションをみよう」(ライフパーク倉敷科学センター)を参考にしてください。

次に関東地方で夕方に目視観測できる絶好機会は、来年1月以降です。当ブログでは、東京で最大仰角(地平線から天頂に向かって計った角度)が約45度以上の場合に紹介します。

野口聡一さんは2021年5月までISSに滞在しています。

#きぼうを見よう - 国際宇宙ステーションが見える予測日時をお知らせ
#きぼうを見よう - 国際宇宙ステーションが見える予測日時をお知らせ
#きぼうを見よう - 国際宇宙ステーションが見える予測日時をお知らせ
「きぼう」のある国際宇宙ステーション(ISS)が地上から見える日時を予測し、情報を提供します。みなさんがツイートしたISSの写真やムービーも紹介。今後も、よりISSを探しやすくシェアしやすくなるアップデートを計画中です。ご期待ください。

バンダイ「1/10 ISS船外活動用宇宙服」国際宇宙ステーションで活躍する最小の宇宙船・船外活動用宇宙服を1/10スケール精密プラモデルで再現。

トミーテック「技MIX SC02 国際宇宙ステーション 完成時」1/700スケールの卓上スペース、最新の宇宙ステーション補給機「こうのとり」(HTV)等の地球とISSを行き来する全ての宇宙機が付属。

アスキームック「星空年鑑2021」2020/11/26|特別付録「VRスコープ」。2021年に起こる天文現象を、星図や写真を多用してわかりやすく解説。VR映像で宇宙旅行。皆既月食や流星群をパソコンで再現。

誠文堂新光社「星空ガイド2021」2020/12/17|大型本。2021年の毎月の星空をグラフィカルにわかりやすく紹介します。また、2021年注目の天文イベントがいつどこで見られるのか、その観察方法も紹介。