「月が火星に接近」2022/8/19

8月19日(金)の夜、下弦の月が火星に見かけ上近づき接近して見えます。

月の月齢は21.8です。
火星の等級はマイナス0.0等です。
月と火星の最接近は8月19日(金)19時30分ですがこの時間は観測できません。

【東京】
見頃は23時30分頃、北北東の低い空ですが、当日は月の出時間の22時30分頃から明け方まで、観察できます。
引用画像は、8月15日~8月19日の東京での23時30分頃の予想図です。

月が木星・火星に接近(2022年8月) | 国立天文台(NAOJ)
月が木星・火星に接近(2022年8月) | 国立天文台(NAOJ)
8月12日から13日にかけて土星と接近した月は、15日に木星、19日に火星と相次いで明るい惑星に近づいていきます。

河出書房新社「火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて」生命はあるのか?人類は住めるのか?―洪水や溶岩の跡、氷、砂嵐…。キュリオシティから送られる豊富な画像をはじめ、これまでと今後の探査をすべて解説し、その魅力を徹底紹介!

日経ナショナルジオグラフィック社「マーズ 火星移住計画」現実味を帯びてきた火星有人探査・移住プロジェクトの全容を美しい写真・イラストとともに解説。

KADOKAWA「月刊星ナビ 2022年9月号」2022/8/5|【表紙画像】ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡が撮影した、りゅうこつ座の分子雲のエータカリーナ星雲、【特集】世界が驚愕!超解像ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡、OM-1で手持ち星景写真「三脚の束縛からの解放」、究極の赤外線の眼 JWSTが始動!、まんがで読む「南天の星座」

誠文堂新光社「天文ガイド 2022年9月号 特大号」2022/8/5|開眼!「ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡」、明け方の空で見られた「惑星集合」、星空を楽しむ&昼間も楽しむ「アストロキャンプ」、スマート望遠鏡Vespera(ヴェスペラ)登場